格言

植え木の剪定、梅と桜の違い、,

「桜切るバカ、梅切らぬバカ」と剪定についての格言、戒めがあります。
梅の木は桜の木とは同じバラ科の植物ですが、桜よりは切り口の腐食菌の侵入による腐りが無いか、少ないからです。 

それに梅は花も鑑賞しますが実を取る事を目的ともされるので、切り枝をして樹形を低く抑えるという目的もあります。
一方、桜は腐食菌や虫が付きやすく、枝は切るものではないとされます。 

桜は花のみが鑑賞の対象とされますので、大きく育てた方が豪華で見栄えが良いともされます。
一般に、樹形植物は枝を落としたぐらいでは、簡単には枯れたりはしません。 

枝の切り口には、植物の防御本能が働いて、切り口にはカルスという癒合組織が働きます。

それでもに太い幹を切り落とした場合はカルスの発達は遅れ、傷の治りが遅くはなります。

 このよな時は、切り口専用のコーティング剤がありますので、これを塗りつけます。
一般に剪定の目的は、樹木の枝を切り落として形を整えたり、風通しを良くする事が主です。

 庭木が茂ってきて大きく育った場合は、手入れとしても行われる。 

剪定は、見た目を奇麗に美しくするばかりでなく、栄養分を効率よく摂取させて生長を促したり、

病害虫の繁殖を予防する効果もあり、太陽の光を存分に当てるという目的もあります

 

|  植え木の剪定、梅と桜の違い、, |

 

 

Page top

 

ステラの贅沢青汁
青汁